バオバブの木

バオバブの木の写真

先回の剣道の話に続いて、今回も写真撮影の仕事とは離れたプライベートな内容です。

大学に通っていた頃、僕は学校の近く、早稲田通りに面した飲食店でアルバイトをしていた。
店の名はバーボンハウス『カントリー』。
バーボンハウスとは名ばかりで(バーボン置いてあったけど)要するに学生が腹を満たすためにやってくる洋風定食屋だった。
店はラグビー部のたまり場で、客としてだけではなく、僕のようにアルバイトをしている部員も多かった。
今や大学ラグビーの王者は帝京という時代が続いているけれど、当時は伝統の早明戦・早慶戦で王者が決まった時代。
たくましいラガーマン達がランチの皿やコーヒーカップを運んでいた。(スープに親指つっこんで運んでいた奴もいました・・・)

そんなカントリーハウスでアルバイトするラガーマンの中にその人はいました。
岡田鉄太。僕が一年生で入った時の三年生の先輩。

大学近くに下宿していた僕の部屋に入りびたった人。
鉄太さんに部屋のカギを渡していないのにラグビー部の連中と寝ていたこともあった。
信じられないことに隣の部屋に住むシンヤ(今や歌舞伎俳優の名代として活躍。中村東三郎)のカギで僕の部屋も開けることができたのだった・・・

そんな鉄太さん、卒業後はアフリカのザンビア、西アジアのヨルダン、南アジアのスリランカ、カリブ海のセントビンセントなどに赴き、国際協力の仕事に就かれたのでした。
1995年、上記ザンビアでバオバブの木と衝撃的に出会う。そして最後の赴任地、アフリカのマラウイでは、マラウイ政府が主導する日本発の一村一品運動支援に携わり、あらためてバオバブの木に魅了される。
2017年4月にJICAプロジェクトの一村一品運動支援を終え帰国後も、バオバブの魅力を人々に伝えたい、マラウィの一村一品運動を別の形で支援していきたいとの思いから、バオバブの木から採れるオイル『天然バオバブオイル』の販売事業を立ち上げられました。

ひょんなことから東京出張中の鉄太さんと四半世紀ぶりの再会。
僕の大好きな渋谷の蕎麦屋『福田屋』で幸せな昼の酒。

岡田鉄太さんと松岡※ 写真右、色々な国の太陽に焼かれた黒い顔の男の話

鉄太さんはやっぱり鉄太さんだった。
大地のような人。

鉄太さんが立ち上げた『天然バオバブオイル』の販売事業の詳細はこちらです。

バオバブサンライズのイラストレーション
バオバブ・サンライズ

 

 

 

トップページに戻るボタン

 

 

 

おすすめ記事

  1. カンボジアと北海道での植樹活動 イオン環境財団とボランティアによる植樹活動を撮影させていただきま…
  2. フェイスクリームと水の商品撮影 春秋航空での機内販売が決まりました!との嬉しいご連絡が
  3. 商品撮影した子どもトランプの写真か載ったジャパンタイムスの紙面 こどもトランプ、世界へ!
  4. 米良美一さんのプロフィール写真 米良美一さん | この上なくピュアで可愛らしい御方

関連記事

  1. 米良美一さんのプロフィール写真 米良美一さん | この上なくピュアで可愛らしい御方
  2. 究極のテカリもの撮影
  3. 横浜のプロカメラマンが撮影した書籍表紙の写真 年賀状は手作りでいこう!
  4. 書籍『リアル色鉛筆レッスン』の表紙写真 いよいよ7月25日発刊|三上詩絵著『リアル色鉛筆レッスン』
  5. 横浜市青葉区の商品撮影スタジオで撮ったトランプの写真 商品撮影させていただきました | こどもトランプ1to10
  6. カンボジアと北海道での植樹活動 イオン環境財団とボランティアによる植樹活動を撮影させていただきま…
  7. 2011年3月11日
  8. 出張カメラマンが撮影した花の写真 2017年 フラワーカレンダー、撮影完了!

NEW POSTS

  1. 商品撮影した子どもトランプの写真か載ったジャパンタイムスの紙面
  2. 自閉症児を支援するキッドの商品写真
  3. バオバブの木の写真
  4. 一流のフォトグラファー
  5. 水彩画家二人のポートレート
  6. 横浜市青葉区のフォトスタジオで撮影されたモデルの写真
  7. カンボジアと北海道での植樹活動
  8. 書籍『リアル色鉛筆レッスン』の表紙写真
  9. 水彩画家のプロフィール写真
  10. 写真家松岡伸一が撮影した長屋明の切り絵作品

PRIVACY POLICY

【個人情報の取り扱いについて】

  
当社ではお問い合わせの際などにお客様の氏名・会社名・メールアドレスなどの入力をお願いしております。
 
当社はご入力いただいた個人情報について、お客様の事前の同意を得ずに、お問合せに対する返信以外の目的でこれを利用することはありません。
 
また当社はお客様の個人情報を許可なく第三者と共有することはありません。

リンクについて

当社のウェブサイトへのリンクは基本的に歓迎します。
                         ただし、以下の事由等に該当するサイトからのリンクは許可いたしません。

                                         当社、もしくは当社のサービスの信用を毀損する内容を含むサイトからのリンク  
                                  公序良俗に反するコンテンツを含んだサイトからのリンク
                          違法性の強いコンテンツを掲載しているサイトからのリンク

                         フレームやその他の方法で当社サイトであることが不明となるリンク                                        当社へのリンクURL : https://www.atimages.jp

著作権について

当サイトに掲載されている写真・イラストレーション・アーティクル等、すべてのコンテンツの著作権は当社に帰属します。無断での転載を固く禁じます。

PAGE TOP